つや髪のためにしていること

コラーゲンサプリやプラセンタも試しましたが、継続をしてもあまり効果が感じられず、現在「からまらない つや髪」のためにやっていることは、タオルドライ後のアルガンオイル配合のトリートメントの使用と、頭皮ケアです。

サプリがよくない、というわけではありません。
飲まないよりは艶もありましたし、髪質も若干ですがやわらかくなったと感じました。
ただ、現状で満足できないと金額も跳ね上がっていくので、継続することが難しいというのが現実です。
お金をあまりかけずに努力しよう、そう思った末に現在の頭皮ケアと、アルガンオイル配合のトリートメントの使用に至ったわけです。

タオルドライ後に行う頭皮のケアは、頭皮の血行をよくするだけでなく、なんと顔のむくみケアにも繋がります。
もちろん、やわらかい頭皮ができあがれば毛根にも充分新鮮な血液がめぐり、艶やかで絡むことのない、さらさらな髪になるのです。
最初は力をかけなくても、痛いと感じるかもしれません。
気を付けてください。それはリンパが滞っている・・・血のめぐりが悪くなっているということです。
シャンプーのときにマッサージをしてもいいので、ゆっくりゆっくり、優しく生え際などもマッサージをしてあげてください。
もし、マッサージをしていて顔が赤らんできたら、それは血の巡りがよくなっている証拠です。
凝り固まったものがほぐれた、ということなので、安心してください。

次に、シャワー後には近頃ふつふつと人気のでているアルガンオイルで髪を補修しながらコートしていきます。
アルガンオイルは万能薬として有名で、アルガンオイル配合のボディソープやシャンプーなども見かけるようになりました。
香りも優しいものが多いので、心を癒されながら全身ケアもできそうです。
さて、このアルガンオイル配合のトリートメントですが、タオルドライ後にワンプッシュで胸までの長さの髪に使用しても充分サラサラ感を得られます。
もちろん、乾燥後のべたつきはありませんから安心してください。

最後になりますが、冬でも静電気を起こすことなく過ごすことができたのは、この2つのケアのおかげだと思っています。
絡まない艶髪のために、ぜひ取り入れていただきたいおススメのヘアケアです。